リモディ推薦参考書の

『大学への数学 1対1対応の演習シリーズ』の説明をいたします。

本参考書の使用有無に関わらず数学力アップの為に一読いただけると幸いです。

1対1対応の演習数Ⅰ.jpg
1対1対応の演習数A.jpg
1対1対応の演習数Ⅱ.jpg
1対1対応の演習数B.jpg
1対1対応の演習数Ⅲ曲線・複素数平面.jpg
1対1対応の演習数Ⅲ微積分.jpg
1対1演習シリーズ基本情報.png

数学力を高めるために必要な力があります。

それは、知識力、計算力、読解力、構成力、処理能力、検証力、記述力。

定義は一般的に決まってはいませんが、この7つが大切であると私たちは考えています。

数学の学習をしている時に

「そもそも何をしたかったんだっけ?」と思うことはありませんか?

計算を追う事などに集中しているが為に、本来の解いている問題の目標や筋道を見失っている状態です。

また、計算をしたり、解答を記憶するだけで納得した気分になる生徒さんがいます。

それでは似たような問題が次に出題された時に解けません。

計算の仕方を理解しただけで、どのように問題を解いたかは理解できていないからです。

 

公式(知識)だけ覚えていても読解力が無ければ問題文は解けるようになりません。

また、計算問題においても構成力と処理能力が無ければ難問を解くことはできないし、検証力が無ければ見直しも難しくなります。

数学は理系科目と位置づけられていますが、その力を伸ばすためには国語などの文系能力の向上も必要になってくるのです。

数学の学習をする時は「どのように計算したか」ではなく「どういう方針で問題を解いたのか」を見失わないよう心掛ける事が大切です。

中学時代は数学が得意だったのに高校になると点数が取れなくなった生徒さんや入試レベルの問題が解けない生徒さんは上記の7つの力に繋がる学習を取り入れてみてください。

​☆基本情報

大学受験の合否のポイントは、標準問題を確実に解くことにあります。

『1対1対応の演習シリーズ』は、入試問題の中から基本~標準問題を精選し、これを確実に解く実力を養成することを目的としてつくられており、難関大学志望の多くの生徒さんから支持されています。

本シリーズは、例題と理解度確認用の演習題を1対1に対応させてあります。 また、分野ごとに、問題を解くために必要な用語・定義、定理・必須事項などをコンパクトにまとめてあります。 必須事項は、教科書の内容と入試では常識としておきたい内容とのギャップを埋めるためのものであり、短時間で学習が可能です。

 

例題の解説で学習し、対応する演習題を独力で解くことで、そこで扱うテーマについての理解が深まり、 大学入試レベルの実戦力が自然と身につきます。解法は本質をつき、しかも入試で適用しやすいものを追求していますので、 本番の入試でも無理なく適用できるでしょう。

 

頻出タイプは手厚くフォローしつつも、問題を精選して、できる限り少ない問題数で入試に直結するタイプの問題をカバーしました。 教科書を一通り終えてからの受験対策、意欲的な人には教科書との併用学習にも相応しい習書です。

 

​☆1対1対応の演習シリーズの良い点

​ 1.解説が丁寧で重要なポイントが明確になる

『1対1対応の演習シリーズ』は扱っている問題が絞られており、重要なポイントをおさらいしやすいです。さらに問題の解説がかなり丁寧です。

数学の参考書の解説はよく計算過程が省略されていたり、なんの説明もなく計算テクニックを使っていたりします。しかし、1対1対応の演習はしっかりと説明してくれています。

 

問題の本質をついた解説は、難関大学の入試にも対応できる実力を養ってくれます。

収録された解説をしっかりと理解し、解説通りに問題を解けるようになることで、『1対1対応の演習シリーズ』よりも難しいレベルの問題に対応ができるようになります。間違えた問題は解説を理解した上で、自力で解けるようになるまで何度も解き直しをしましょう。収録された上級者向けの解き方ができるようになると、難しい問題に出会った時に応用が利くようになります。

 

​ 2.難関大学合格者の多くが使っている

実力がつくというのは当然重要ですが、難関大学合格者の多くが使っているという点も重要です。参考書選びは志望校合格の要になる学習第一歩の大切なポイントになります。

「過去の合格者が使っていて評判が良いもの」は参考書としての信頼感があり、合格者がやっていたものを自分もやったという事実が入試本番での自信にも繋がります。

​ 3.各分野の合間に受験に役立つコラムが載っている

数学Ⅲであれば、複合基本関数のグラフ、近似式一般の関数の多項式化、フーリエ展開の話などなど、大学レベルの知識まで載っていることもありますが、難関大学の入試を解く際には知識として知っておくと有利なことが多いのでこの教材で理解しておくと良いでしょう。

​☆1対1対応の演習シリーズを使うときの注意点

​ 1.1対1対応の演習シリーズは基礎を固めた後にする

『1対1対応の演習シリーズ』は『青チャート』などと同じ問題集だと紹介しているサイトがありますが、それは完全に間違いです。

 

『青チャート』などの網羅系問題集をやった後でなければ上滑りを起こし、かえって非効率な学習に時間を費やす事になります。

 

『青チャート』は典型問題を習得するために必要な基本問題も扱っているため、1段1段ステップを踏んでいくことができます。また、『青チャート』は混じり気のない典型問題を1つ1つ扱ってくれています。『青チャート』で典型問題を網羅的に習得したあと、『1対1対応の演習』その類題や組み合わせられた問題を解くことで、典型問題の体系化が促進されたり、応用性が高まるのです。

一方、『1対1対応の演習』は典型問題を組み合わせた問題だけを取り扱っています。著者の方々も「はじめに」で、できるだけ少ない問題を扱うことを重視していると書いているほどです。

 

『1対1対応の演習』だけでは典型問題が網羅的に習得できず、解法の丸暗記になり、応用もできないという、最悪の状態になってしまうので注意が必要です。

 

​ 2.一般的な参考書とは解き方が異なるので注意が必要

『1対1対応の演習シリーズ』は解説のレベルが高く、上級者向けの解き方を知りたい人におすすめの問題集です。問題の解き方の基礎をしっかりと身につけたうえでの難関大学の2次試験対策用に『1対1対応の演習シリーズ』を使用しましょう。

 

上級者向けのレベルが高い解説が収録されているため、基礎がしっかりと身についていないと、解説が分かりにくく感じるかもしれません。「もっと分かりやすい解説が欲しい」「基礎からしっかり数学の力を身につけたい」という方は旺文社の『基礎問題精講』『標準問題精講』やマセマ出版社の『スバラシクよく解けると評判の合格!数学 実力UP!問題集』がおすすめです。

​ 3.考えながら1日2〜3問ずつじっくり向き合う

『1対1対応の演習シリーズ』を使って学習を進めていく際のポイントに、間違った問題や分からなかった問題について深く理解するということがあげられます。

 

解答に載っている解き方を機械的に覚えるだけだと、このレベルの問題集への取り組み方としては不十分です。そうではなく、なぜその解き方になるのかであったり、どのようなタイプの問題にはどの解法を使うかといったポイントを自分なりに考えながら取り組むことをおすすめします。

 

これにより、初見の問題でも自力で解き方を導き出す実力が身につきます。

1対1対応の演習シリーズは分野ごとに的を絞って2~3問を選び、1問に30分~1時間ほどの時間をかけてじっくりと取り組むことをお薦めします。

1周目は分からなくても全く問題ないので、自分の現在の学力を試すためにもじっくりと考えるのがおすすめです。

 

分からなくてもすぐに答えを見るのではなく、しっかり考えて「具体的にどこが分からないのか」を整理しましょう。

また、解けなくても様々なアプローチを試すのがおすすめで、本番のつもりで試行錯誤してみてください。

1日3題を解くペースでも2ヶ月かからずに終わるため、焦らずじっくり時間をかけて取り組むと良いでしょう。

​ 4.解説がわからない時はわかる人に聞く

1対1対応の演習シリーズ上級者向けなので人によっては解説が分かりにくいと感じることもあるため、その点には留意しておく必要があります。

解説を読み込んでも分からない場合は、学校の先生や友達などわかる人にすぐに質問するようにしましょう。

 

疑問の解決を後回しにすると、復習するときに手間取ってしまったり「どこが分からなかったんだっけ?」という状況になってしまいます。

そのため、疑問点や気になる点があればすぐに質問して解決することを心掛けましょう。

​☆1対1対応の演習シリーズのオススメ学習法

どの教科も参考書で学習する目的や目的意識を持って取り組んでください。

1対1対応の演習シリーズをやる目的とは、数学力の基礎固めの後に旧帝大などの超難関校の過去問を解く前、一段階上の数学力の基盤を作る為です。

 

〇 学習例

STEP 1:基礎固めが終わってから取り掛かろう

STEP 2:1周目は答えを見よう

STEP 3:2周目以降は自力で答えを導き出せるように

​ STEP 1:基礎固めが終わってから取り掛かろう

先述した通り、1対1対応の演習シリーズは十分な数学力が身についた学生向けの問題集です。1対1対応の演習シリーズを使う前に、まずは青チャート基礎問題精講などでしっかり基礎を固めてください。

 

基礎固めが最優先事項なので、1対1対応の演習シリーズを使った学習は本格的な過去問演習に取り掛かる前の仕上げとして利用するのがおすすめです。

1対1対応の演習シリーズにはそれなりに難易度が高い問題ばかりが収録されているので、1問1問に解きごたえがあり、時間もある程度かかります。そのため、頭から全ての問題をこなしていたら、かなりの時間を費やすことになるでしょう。

 

よって1対1対応の演習シリーズを使った対策は、頻出の範囲を中心に行うべきです。志望大学や大学入試一般の傾向と照らし合わせ、試験に出そうもない問題に関しては思い切って捨ててしまっても構いません。

​ STEP 2:1周目は答えを見よう

1対1対応の演習シリーズに収録されている問題は数学の基礎が仕上がっている人でもそう簡単に解けるものばかりではありません。

東大生も1対1対応の演習シリーズの問題を初めて見た時はさっぱりわからなかったという人が殆どです。

よって、1周目は5〜10分考えてもわからない問題に関しては、答えを見て構いません。

 

ただ、しっかり考えて「具体的にどこが分からないのか」を整理して答えを見ましょう。

解答解説を熟読し、2周目以降にしっかり解けるように、解き方をきちんと理解することを重視してください。

​ STEP 3:2周目以降は自力で答えを導き出せるように

1周目は解き方を理解することを重視するべきですが、解法を暗記するだけでは入試本番で力を発揮できるだけの実践力・応用力は身に付かないので、2周目以降は自力で答えを絞り出すこと大切にしましょう。

 

余裕があれば、間違えた問題を中心に3周程度は解き直しを行うのがおすすめです。それだけ反復すれば自分の苦手分野が分かるはずなので、試験直前期にはその部分を中心に復習するのが良いでしょう。

​☆「1対1対応の演習シリーズ」を用いた志望校合格のための勉強計画の作成

「1対1対応の演習シリーズ」は以下より購入できます。早速スタートしていきましょう。

また、1対1対応の演習シリーズを使用する上で大切になるのが「いつの時期にどれくらいのペースで勉強するのか」という学習計画です。

例えば、英語学習の中でも単語ではなくて文法・英文解釈・長文読解・リスニングのいずれかをまずは鍛えるべきかもしれませんし、そもそも英語より数学をやるべきかもしれません。

塾や予備校、学習アプリ等を利用していても一番学力が身に付く自習の質が悪いと時間を無駄に消費することになります。難関大合格のためには自習時間の中でいつ何をすれば良いのかが最重要なのです。しかし、この計画を個別最適で作成することは高校生自身は言うまでもなく、大手予備校と言えど困難です。それは作成者が難関大合格へ戦略を知っている事と生徒一人一人の現状を正確に判断する必要があるからです。

​これらの課題にを解決するのが、

東大生による難関大合格の為の学習計画作成 リモディ』です。

1週間分の計画作成を無料で行っておりますので、是非登録してみてください。